【ニュースを深堀】AIの進化で無くなる職業「教師」は??

進化が止まらなAI。

教育現場でも、どんどん導入が進んでいます。

 

 

新・学習指導要領の施行により、英語教育が小5から小3に早まります。

関東の一部の学校では、その指導方法の一環として、英語学習AIロボットを試験的に導入し、実際子どもたちがそのAIロボットと対話しながら英語スキルを身につける授業が行われています。

 

学校教員の中には、英語を話すのは苦手という方も多くいらっしゃるでしょうから、代わりに子どもたちと英語でコミュニケーションをとってくれるAIロボットの存在は、ありがたいものかもしれません。

 

 

けれど、先生たちも手放しで喜んでもいられません。

 

 

いずれAIにとって代わられなくなると言われている職業がいくつかあります。

その中で、「教師」という職業はどうでしょう…。

 

実は、小中学校の教師は残り、高校教師はなくなると言われています。

なぜでしょう??

 

国語算数のような科目指導だけでなく、道徳や総合・生活といった精神面の教育も欠かせない義務教育には、かならず人間の直の導きが必要になります。

けれど高校ともなれば、必要単位をとり大学受験等の進学試験や就職試験に備えるための学びが主たるもの。

その試験のための学習であるならば、精神論ではなく根本理解や反復による知識の定着が必須。

それを実現できるのは、もはや生身の人間ではなく、AIなのです。

 

子どもたちの学びの変化も著しいですが、それを担う教員の方々の働き方やその環境も、これから大きく変化して、AIはじめ様々な道具の活用方法を指導できる人材や、AIでは決して補うことができない付加価値を持つ人材が求められるのは間違いありません。

そうすると、大学での教職課程の内容や、採用試験についてもまた、変わってくるのかもしれませんね。

【参考】https://ict-enews.net/zoomin/16ai/