【SHUTOと学ぶ!わくわく鉄道教室/vol,3】夏の特別版・編

今回は2019年に僕が体験した旅について、ご紹介します。

 

 

 

僕には愛知県豊橋市に住む祖父母がいて、この夏も両親と弟といっしょに会いにいってきました!

 

静岡県の袋井市で、従兄弟の野球の試合があるということで、鉄オタのぼくは、祖父と一緒に電車で応援しにいくことになりました。

 

 

乗ったのはこちら!

JR東海道本線・普通列車

7:31 二川駅 浜松行き
8:03 浜松駅 到着
8:10     熱海行き
8:27 袋井駅

値段は大人840円、11駅の区間です。

オレンジ色のラインが、シルバーの車体に映えます。

 

 

 

JR東海道本線は、豊橋から浜松駅までは各駅停車の普通しかなく、ゆったりと電車の旅を過ごすことができます。浜名湖のあたり、海と湖の境目の景色がきれいです。

 

ぼくが浜松駅まで乗った車両は、全て進行方向を向くことができ、快適に過ごせました。

浜松から乗り換えた熱海行きの車両は、京葉線と同じ席で、大きな窓から景色を楽しむことができました。

 

静岡県を電車で移動することはふだんあまりないことなので、とても貴重な体験となりました。

これからも、祖父母と一緒に、さまざまな地域のいろいろな電車に乗りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA